しるくら。−チェロと音楽と日常と

アクセスカウンタ

zoom RSS 右手だけで、何度も何度も、何度も何度も、弾いてみる - チェロレッスン#69

<<   作成日時 : 2011/11/18 13:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

■ウェルナー
p.63 Tempo ad libitum(つねに第二ポジションで) 

ようやく譜読みが終わったところ。よたよたしながら弾き通し、最後の重音で指がつりました。イタたたた…。
曲に慣れないうちはやりがちなのですが、今回もピアノの鍵盤をたたくように左指1本で動いていたようで、
「左手は“かたまり”でとって下さいね」
と注意を受けました。
「弾きながら次の音のための準備をする・先取りして押えるように」
とも。
そのためにはある程度の暗譜が必要ですねぇ…。

■シュレーダー
p.16 No.28 (C.Schroder,Op.48,No.4)

練習が足りず、自信なさそうに弾いていたのを指摘されました。(^_^;;
自信を持って
*指板を叩くこと
*弓は右肘で動くこと。但し肩は上げないで
*肘の上下運動で移弦する
*Fナチュラル音とシャープFが曖昧なところあり。音程注意

■シュレーダー
p.17 No.29 (C.Schroder,Op.48,No.5)

前回書いた♪たらー・たらー・たらー♪はまだ上手く弾けず。
弓を持つ右手に注意を受けました。
*親指・人差し指・中指の3本で弓を持つ
*手首は脱力しすぎてグラグラしないように。(幽霊の手首のようにぶらんと下げた形のまま)固定する
この形ですねぇ…。↓
画像

*弦に対して弓の直角(角度)を保つ
*その時、弓の角度にも注意を払う
*スタッカートの音はもっと鋭く

今回も左手を付けず右手だけで何度か弾くように促されました。

■スズキ教本vol.3 
p.10,11 スケルツォ(C.Webster)

「前回よりは良くなりましたね」
でも注意点は前回と同じ。上記のように弓の持ち方、角度、動かし方を細かくチェックされ、直していただきました。
また、あちこちに注意を払っているうちに楽器の構え方が悪くなっていたようで、こちらも初めてのレッスンの時のように修正されました。
エンドピンの先は身体の中心にあること
チェロの中心にエンドピンを置かない。

一つ覚えると一つ忘れる……(^_^;;

しかし楽器の構えを直しただけで、ぐっと弾きやすくなりました。
チェロに体が『はまって』、コンパクトにまとまる感じです。

ポジション移動しての音程は「少し良くなりました」


指を使って弓を動かすのは【今はまだダメです】とも。

コンサートやTVやDVD、動画など、大量の情報を目にしてアマチュアはつい先走ってしまいますが、
何事にも順序があるようで、がむしゃらにプロの弾いている真似をしてはいけないようです。


で、ずっと“おあずけ”されていたヴィブラートの準備練習に入ったのですが、
これは次回にでも。


ご訪問ありがとうございます
クリックで応援して頂ければ幸いです。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

にほんブログ村

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
充実した良いレッスンを受けているようで何よりです。その調子で頑張りましょう。
指で弦を叩く、という件ですが、そうなんだけど、指だけで叩くというより、ハンマーレンチのように、あの形のまま落とすというのが良いですね。でないと指を痛めるかも。叩くというのは、力ではなく指を落とすスピードが肝心。上げているのが不自然だから落としたら自然な形になる、黙っていても指は落ちる原理。力はいらず、ただ落とした瞬間に弓で音を出す。このタイミングの練習。でないと長く弾いたら疲れちゃう。
goshu
2011/11/19 17:18
スタッカートは私も、つまづいています。
左手が混ざると、ふつーのスラーになってしまう…
右手と、左手と、両方意識してできない子です(笑)

ちぃ
2011/11/19 18:03
goshuさま
>叩くというのは、力ではなく指を落とすスピードが肝心。
この力加減というか、タイミング?が上手くいかず、たまに後半でエネルギーが切れたりします。(笑) 自分をよく観察しながら練習するように心がけますね。
ありがとうございます。
しるくら
2011/11/20 10:52
ちぃさま
スタッカート…きっと子供だったら言われてすぐにできちゃうんだろうな〜と思いますね〜。頭で考えてばかりいないで、繰り返し練習するしかないのでしょうね。
しるくら
2011/11/20 10:58
ふっこさま、名無しさま
《気持ち玉》のクリックをありがとうございます。
がんばって練習しま〜す♪
しるくら
2011/11/20 10:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
右手だけで、何度も何度も、何度も何度も、弾いてみる - チェロレッスン#69 しるくら。−チェロと音楽と日常と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる