しるくら。−チェロと音楽と日常と

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴィブラートの練習- チェロレッスン#69-2

<<   作成日時 : 2011/11/22 11:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 8

18日の記事の続き。
やっとヴィブラートへの扉が開きました〜。
画像


ええ、先生は仰っていたんです。ウェルナーp.59の“第1、第3と第4ポジションが終わったら、ヴィブラートの練習を始めましょう”って。そう、10月下旬には終了してたんです。この曲。で、我慢強い私は「いつかな〜、まだかな〜」と先生の一声をお待ちしていたのです。

で、久しぶりに参加したチェロアンで「ヴィブラートまだなの?」と。
…はい、私もずっと気にしていたんです。
ピュアトーンって個人的には好きなんですが、柔らかな音で調和させるアンサンブルの中では音色が浮いてしまうんですよね。

で、今回のレッスン時に「あのぅ、ヴィブラートはいつから・・・」と、そっとお尋ねしたら
「あ〜、そういえばそんな事、言ってましたね忘れてました
さらに元気いっぱい↓爽やかな笑顔で。
「(お仲間の皆さんに)『お待たせしてすみませんでした』ってお伝えしておいてください



・・・せんせ・・・(=▽=;)



・・・・・・ま、・・・とにかくヴィブラート。

・・・といってもまだ“ヴィブラートをかけるための準備練習”で、
*指板の上に指を並べて
*その形のまま弦の上を上下にスライドさせる
ところまでです。
これをもう「嫌になるまで続けて下さい」との指令でした。

「ヴィブラートはクセです。変なクセはつけないでくださいね。
別の教室から来た生徒さんが“痙攣ヴィブラート”(細かい震えのようなヴィブラート。ちりめんヴィブラートとも言う)だったりすると、直すのが本当に大変なんです。そういう場合は一度、ヴィブラートを止めてもらっています」
「それから、音程が外れているヴィブラートって、すごく気持ち悪いんですよね」
わわ・・・すごく念を押されてる・・・。私もそれ↑聴くと悪酔いするので、音程には気を付けます。(・◇・)ゞ イエッサー


ネット上にはヴィブラートのかけ方について沢山の記事はありますが、
今は余計なことしないで、素直に2週間、弦上スライド運動に励まなくては。

正確な音程を当てることも引き続き。
押えるところを0.0xミリでもずれると音程を直されるので。
ふひ〜。


ここまで読んで下さいまして、ありがとうございます。
ワンクリックで応援して頂ければ幸いです。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
わ!
チェロのビブラートは本当に素敵ですよね。。。。
楽しみですね!!
ところで、せんせ。。。。
しるくらさんは我慢強い素敵な女性です。(^^)
ミサブレ
2011/11/24 07:06
おめでとうございます。ヴィブラート解禁なんですね。私の先生は「7ポジ終わってから」とおっしゃってましたので私はもう少しです。(ただ、チェロはヴァイオリンと違って楽器自体がよく響くので、ヴィブラートなしでも気分よく弾けますね)
こちらはシュレーダーもウエルナー終わってから使いますと言われていて、今はウエルナーと曲しかやっていないので、ウエルナーを比較的早く進めるんです。(もうじき5ポジです)私はバイオリンの時からエチュードは比較的得意なんです。練習さえやれば、弾けるようになりますから。ただ、曲は表現力にかかわるので何度弾いても納得いける状態になりません。「習ったポジションで弾ける好きな曲を持っていらっしゃい。」と言われていて、クラシック以外の曲を弾くことも多いですが、特に元が歌詞の入った曲は本当に表現が難しいことを痛感しています。宮田大さんがおっしゃられるように「人間らしい声をもったチェロの歌」を目指して日々精進するようにしています。

2011/11/24 08:29
先生、ひどい…o(TωT )
でも、ビブラート入れてよかったですね♪

私も、なんとなく、習いまし…た?
という感じなので、しるくらさんと一緒に
クセになるまで、嫌になるまでやってみます!!
やったぁ♪
2011/11/24 08:41
祝ビブラート!
私は音程が取れていないので、たぶん、まだまだまだまだ…先です。

うちの先生も良くお忘れになりますよ。
「…先週、言うたはったやん?」と、内心がっくりくるのですが、ま、そこはオトナですので。(^_^;)
ぱすとらーる
2011/11/24 11:01
しるくらさん、こんにちはー♪
ヴィブラートおめでとうございますー!
いいなあ・・・。私はまだレッスンで話も出ていません(涙)が、マイペースで引き続きがんばります。
4コマ可愛いですね♪♪いつも楽しませていただいてます。
はる
2011/11/24 12:30
わ〜〜!コメントがたくさん!ヽ(*´∀`*)ノ ウッホー
皆さまありがとうございます

ミサブレさま
 『我慢強いのもホドホドに』最近は自分に言い聞かせるようにしていますが、ついつい“待ち”の姿勢に入っちゃうんです。性格変えなくては〜。(´・ω・`)
ヴィブラートを綺麗にかけられるようになるには長ーい道のり…頑張ります♪

恋さま
>チェロはヴァイオリンと違って楽器自体がよく響くので、ヴィブラートなしでも気分よく弾けますね
 そうなんです、一人で弾いている分には私もそれほど気になりませんでした。ノンヴィブでも弓の使い方で音色が変えられますし♪ でもヴィブラートが付けられるようになると、表現の幅が広がるので嬉しいです。
恋さまももうすぐですか!楽しみですね♪

やったぁ♪さま
 はい!一緒に頑張りましょう〜。
o(`・ω・´)o  むん!

ぱすとらーるさま
 そう。生徒さんは大勢いてはるし、演奏会などのお仕事もあるでしょうし…と思うと多少の事は「ま、しょうがないか」なと。(^_^;
音程は永遠の課題なので、じっくり取り組むしかありませんよね。私も音程はまだまだ不安定なので、気を抜かず並行して練習していきます!(*'ー'*)b

はるさま
 こんにちはー♪ ヴィブラートはね〜何カ月も前からじわじわと話を進めてきましたの。「参考までにお尋ねしますが、いつごろですか?」って。私、トシなので、体の動くうちに始めてもらわないと手遅れになりそうで。(笑) それに、目隠しで歩くよりか、目的地が見えた方が安心できますしね♪
4コマ、気に入っていただけて嬉しいです。(〃⌒ー⌒〃)ゞ
しるくら
2011/11/24 15:00
4コマだ、ありがとうございます(^^)。
一コマ目のセリフ、声が直に聞こえるようです、顔まで脳裏にはっきりと浮かぶ(笑)。
たこすけ
2011/11/24 15:29
`;:゙`;:゙;`ヽ(゚∀゚ゞ)ブッ
たこすけさんのコメント読んで、吹いちゃいました。そうか…声と顔が…。くすっ。
しるくら
2011/11/24 15:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴィブラートの練習- チェロレッスン#69-2 しるくら。−チェロと音楽と日常と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる