しるくら。−チェロと音楽と日常と

アクセスカウンタ

zoom RSS 黄昏メヌエット

<<   作成日時 : 2012/09/04 21:07   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

今練習しているのはバッハのメヌエット。弾きながら、もったりとした暗めの音だなぁと自分でも感じる。
レッスン日に、低いテンションでのた〜っとしていたらしく、先生が苦笑されていた。

「うーん、何と言えばいいのかな…」
先生が表現に困っておられたので
「黄昏ですか?」
と言ったら
「そうそう!ソレですソレです!」
う〜ん、老婦人のメヌエットになっていたか。

「メヌエットなんですから、この最初の音は明るく元気に弾いて下さいね!
生活で疲れていても、音楽にはそれを引きずらないで、
【明るく】【軽やかに】弾いて下さい!」


…… 生活疲れ……。(^^;;


無理矢理心の中で「楽しい気持ち!元気なお嬢さん!」と唱えながら弾きましたが、少しは明るく弾けたかな?

メヌエットだもの、愛しい誰かと軽やかに、華やかに踊っているような気持ちで弾きたいんだけど、愛しい誰かがいないし、そういう思い出も無いんで、どうしたものかと途方に暮れるばかりでございますよ。

…ああ…遠雷が聞こえる。

ご訪問ありがとうございます♪
ワンクリックで応援して頂ければ幸いです。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こちらに、こんにちは。
読んでいて思い出したのが
ワタクシが中学生の頃のこと。
その頃はまだヴァイオリンでしたが
サン=サーンスの協奏曲を
レッスンで弾いていたら先生が一言。
「あなたのは田舎のサン=サーンスね」
あーれー...洒脱さが足りませんでしたか!
今弾いたらどうなのでしょうね。
ふっこ
2012/09/05 16:23
笑いながら(微笑みながら)ヤ弾くと宜しいですよ。…これは結構難しかったりしますが…
ダンベルドア
2012/09/07 17:54
1か月ほどまったくブログ管理をしておらず、コメントをいただいていたことに気づきませんでした。
非礼致しましたこと、深く深くお詫び申し上げます。

ふっこさま
コメントをありがとうございます。
田舎のサン=サーンス…想像するのが難しいんですが…。
今弾かれたら「フルーティな味わいの醸造されたサン=サーンス」…とか。肴の似合いそうな。(^^)

ダンベルドアさま
元気のないときに笑うのって難しいですよね。
でも、無理してでも笑顔を作ると、不思議に気持ちが楽になったりましす。
チェロを弾いている時も同じなんですね。
ありがとうございます。試してみます!
しるくら
2012/10/11 22:29
《気持ち玉》たっくさん頂きまして、
誠にまことに感謝しております。
読んでくださった皆さま、本当にありがとう!
しるくら
2012/10/11 23:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
黄昏メヌエット しるくら。−チェロと音楽と日常と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる