しるくら。−チェロと音楽と日常と

アクセスカウンタ

zoom RSS 使う弓の長さと速さをコントロールする- チェロレッスン#70

<<   作成日時 : 2011/12/02 12:47   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

☆今回、弾く上で気を付けたこと。

[左手]
* 親指は必ず中指の向かい側にあること。そのために、
* 上向きの拡張か下向きの拡張かを、いちいち意識する。その時に、
* 手がねじれないように気を付ける。弦に対して直角に指が乗るように。

★今回全体的に受けた注意点。

* CG線に移弦する時は左肘で動くように。(同じ注意を受けて、もう何度目だろう・・・)

■ウェルナー
p.63 Tempo ad libitum(つねに第二ポジションで) 

段々よくなってきたので練習する範囲を狭めて、5段目から最後までに。

■シュレーダー
p.16 No.28 (C.Schroder,Op.48,No.4)

スタッカートに使う弓の量と速さに注意。
量は増やして、スピードを速く!

■シュレーダー
p.17 No.29 (C.Schroder,Op.48,No.5)
曲の終盤に差し掛かると疲れてきますが頑張って。CG線でもたつかないよう。
弓はしっかり引っ掛ける。
バウンドしないこと。

■スズキ教本vol.3 
p.10,11 スケルツォ(C.Webster)
Meno mossoの部分。右手はのびのびと。但し、間延びしないように。


シュレーダーの2曲とスケルツォ(移弦・スタッカート+スラー・テヌート+スタッカートの弓使い)をちゃんとやっておくと、これから(どんな)曲を弾く時にも役立つので、しっかり練習しましょうとのこと。

それにしてもよく音が外れる。
指板に鉛筆でつけた印が、じわりじわりと増えていて、耳で「あれっ?」と察知しては目で確認して正しい音程に直すことが増えています。(笑)
先にはまだまだ音取りの難しい練習曲が待ち受けているのでしょうね〜。


ここまで読んで下さいまして、ありがとうございます。
ワンクリックで応援して頂ければ幸いです。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
使う弓の長さと速さをコントロールする- チェロレッスン#70 しるくら。−チェロと音楽と日常と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる